Nao Matsushita official website


名前を入力してください

題名を入力してください

内容を入力してください

遺憾ながら自主退学へ
きっちょう 2017-10-12 21:04:09
トットちゃんは元気が一番!
それがチョッちゃんの掲げる教育方針です。何かと先走って親の願望を押し付けたがる守綱さんとは異なり、トットちゃんのやりたいようにさせたいと考えていることがよくわかります。
しかし、近くの公立小学校には元気なトットちゃんを受け止めるだけの力はありませんでした。「テイノー」など間違っても教師が口にしてはいけませんし、「反逆」とまで口走る担任の先生、だいぶ追い詰められている感じがします。
ここで思い出すのが「ブラックボード」のことです。転校生を迎えた次のシーンは、学級崩壊となり、奈緒さん演じる桃子先生が困り果てていました。あれは「のれんに腕押し」の態度を取る転校生を見て、中3の2学期でありながら、ほかの生徒は真面目に授業を受ける気をなくしたのでしょうね。ですから、ほかの生徒への悪影響を心配する学校側の言い分もわからなくはないのです。
実際、奈緒さんが言っていたように、トットちゃんの東京音頭は上手で、ほかの児童にとっては先生の話よりよほど面白いので、つい踊り出してしまいますね。

倶楽部の人たちと交流が続いていることに、ホッとさせられました。北千束から乃木坂へは決して行きやすくないはずですが、チョッちゃんにとってはかけがいのない、そして息抜きをできる場所ですからね。
トットちゃん#9
J 2017-10-12 20:59:35
トットちゃんの学校生活が始まりました。
自由奔放なトットちゃんに手を焼く先生達。
確かにチンドン屋さんを呼び止めて踊り出す生徒は現代でも強烈な個性ですね。
現代でもトットちゃんの個性について行ける先生はどのくらいいるのだろう。
ましてやこの時代、規則でがんじがらめになり人の思考も停止してしまったのだろうか。
ついにトットちゃんは学校を追い出されてしまいました。
でも先生になんと言われようと守綱さんと朝さんの理解がトットちゃんの良いところを伸ばしたのですね。
トットちゃん次回は新しい学校のお話し。
また明日の放送が楽しみです(^^)
昨日に続き、投稿させていただきます。
takaちゃん 2017-10-12 20:30:17
こんばんは。第9話の「トットちゃん!」拝見しました。
トットちゃんの自由奔放さが、出ていましたね。
今在籍している学校の教育方針とは一致しているとはいえず、先生から叱られてばかりいましたが、決してめげることがない人柄は凄いなと思いました。
問題児呼ばわりされてしまったのはどうも、見ていて辛いと感じましたが、いくら教師側の一方的な事情で「ほかの学校へ転校してくれ」というのは、甚だ疑問に思わざるを得ないかなと思うのです。まあ、次回の予告で、トットちゃんの明るい表情が見られるため、期待しましょうか。自分の子供を育てるとしたらじゃあどうするんだ?となると、基本的な挨拶や、他人に迷惑をかけないように、最低限はしつけますよ。あまり厳しすぎると、その子の良い所を殺してしまいかねませんから、あまりガミガミは言わない方針です。まあ、進路はああしなさいこうしなさいとはせず、極力自身の意志で、という感じかな。トットちゃんの場合は、もしかすると転校先でいい所を発揮できるかもしれませんし。いよいよ、竹中直人さんが登場しますよ。ユーモア溢れる楽しい役柄に期待します。
ブログ更新されていました。撮影は佳境に入ったようですが。
明日から都内は寒いです…。しかも、当分雨の予報のようです。
風邪をひいたりしませんように。
ではまた明日、楽しみにします。
八木さんお疲れ様でした!
のびもん 2017-10-12 18:45:52
ブログが更新されていました。
ありがとうございます。

八木さんクランクアップ!お疲れ様でした!

ホント朝さんのよき理解者、よき応援団なお方。
第九のステージ後、朝はまだかと言う叔父様を軽くいなし、守綱さんとの出会いをアシストしてくれたのを思い出します。

今後どのように"トットすけ"に振り回されるのか、あ、翻弄されるのか、楽しみにしたいと思います!
東京の母ですね。
満月ポンちゃん 2017-10-12 18:30:21
奈緒さん、ブログ更新ありがとうございます。えつさんは朝さんを見守ってくれて応援してくれた大切な味方ですね。今日はトットちゃんの本領発揮というべきか、なかなか大変でした。今でこそ稀有な存在である黒柳さんですが、あの時代では協調性のない異端児だったのでしょうか?これからのお話が楽しみです。ここ最近キンモクセイの匂いがしてきました。
『トットちゃん!』の感想(4)~トットちゃんの個性~
まーさん 2017-10-12 15:55:03
奈緒さん、お集まりの皆さん、こんにちは♪

今日は、仕事の休みがとれたので、『トットちゃん!』の第7回と第8回の録画分を見てから、第9回をリアルタイムで見ました。

第7回でトットちゃんが生まれて、第8回では早くも小学校に入学と、第一週に続いて展開がものすごく早いですね。

私の勝手な予想では、やっぱりトットちゃんが成人してテレビの世界に入ってからのストーリーの方がメインになるだろうから、戦前戦中のことをドラマ全体の1/3ぐらいの回数で描いて、残りの回数で戦後のことが描かれるのではないかと考えています。

さて、本題の感想なんですが、トットちゃん、個性豊かで自由奔放なお子ちゃまだったんですね。

本編で描かれていた昭和14年といえば、戦時色が徐々に濃くなり、軍国主義教育真っ只中という頃なので、学校では先生の言うことは絶対で、逆らうことなどできるはずもなく、生徒それぞれの個性は否定され、画一的な人材育成が尊ばれた、そんな時代だったろうと思います。

そんな時代にあって自由奔放なトットちゃんは、先生の尺度でいう「反逆行為」を繰り返し、とうとう転校させられる羽目になってしまいました。

授業中のトットちゃんの行動を見ていたら、『徹子の部屋』でのホントにマイペースなMCぶりのルーツは、幼少期に既にできあがっていたんだなと思いました(笑)

トットちゃんの転校のことを朝さんに相談された守綱さんが、「シイナさんにカレーの作り方を教わって、華子さんに絵を習って」と、さらっと言ってたところが、常識に囚われない自由な発想だなぁ~と感心しました。

当時の普通の親なら、集団生活に適応できるように、躾を厳しくするところなんでしょうけど、トットちゃんの個性を殺さず、のびのび育てる黒柳家の教育方針が、現在の徹子さんを育てたんだなぁ~と思いました。

明日の予告編では、トモエ学園入学のシーンが流れていましたから、明日以降の数回は、これまでより少しスローなストーリー展開で、トットちゃんの幼少期が描かれるのでしょうか?

ここまで見てきて、少ない回数なのに時間の流れがとても早いのですが、雑なストーリー展開ではなくて、守綱さんと朝さんの二人はもちろん、二人を支える人々も丁寧に描かれていて、ホントに良作だと思います。

それでは奈緒さん、明日の第10回の感想は、土曜日か日曜日に書き込みに参ります。

お楽しみに・・・・・・・・(笑)
トットさま#9
のびもん 2017-10-12 13:12:07
徹子さんの自由さはすごいですね。
教育勅語の時代ですからね、問題児扱いされてしまいましたね。

しかし守綱さんも、相変わらずなマイペースっぷりですね。
僕のバイオリンを聴くだけでも教育だ、ときましたね。

徹子さんにはバイオリンを教えていませんが、もし、徹子さんも習ってたらバイオリ二ストの道を歩んでいたでしょうか。

明日はいよいよ竹中直人さん登場!
私ファンなんです!
楽しみです。

あ、トットのすけじゃなく、トットすけでした。
トットちゃん
ダニエル豚吉 2017-10-11 22:48:01
奈緒さんへ
トットちゃんが2週目に入りました。
父から勘当されてまで守綱さんと結婚した朝ですが色々大変そうです。
最初は、バイオリンと朝だけを愛するという守綱さんに
鍵をかけられて監禁されて監禁されてしまいました。
お手洗いにも行けずただ守綱さんを待っている朝はある意味で気の毒に見ていましたが、
朝も朝とて負けずに華子さんの家から脱出するというある意味の逞しさがありました。
さらに転んだ際に、守綱さんの朝に対する愛情も確認できましたね。

生活力はない守綱の妻として出産直前まで働いて自分でお金を稼ぎだすなど頑張り屋さんの朝を見ていますと、こちらも元気が出てまいります。

さらに徹子さんが生まれましたね。
しかしせっかく電報を打ったのに実家のお父様からは、『連絡不要』との電報が、勘当された娘とは言え、ご実家との連絡が切れてしまいました。
あとは黒柳家だけの家族4人+ラッキーで生きていくしかないですね。

そして徹子さんが小学校に入学しましたが、あまり学校になじめていないようで、まあ自由奔放に生きていたトットちゃんとは時代が合わなかっただけなのかな?

これからも楽しみにしています。
撮影がどこまで進んでいるかわかりませんが、これから冬本番になりますがお体に気を付けて撮影頑張ってください。

あと、ビルポート名古屋に11月18日名古屋の土曜日2回目に参加します。
楽しみに待っています。
トットちゃん#8
J 2017-10-11 21:09:07
トットちゃん誕生の電報を実家に送るも連絡不要と返信されて、御父様は勘当した朝をどう思っているのか。
社会への使命が父娘の愛より優先される時代ということか。
でも反面教師でトットちゃんは社会に縛られない自由な気風で成長することになったのかな。
あっという間に時が過ぎ黒柳家は長男の明児も誕生し、愛犬のロッキーも加わって賑やかで暖かい家庭になりました。
叔父さんのアメリカみやげでもらったパンダのぬいぐるみにシナシナと名付けるシーンが香香(シャンシャン)の選考と重なって、徹子さんこの頃から変わってないんだなあと思って見ていました。
そしてトットちゃんは小学校入学。
戦争の足音が聞こえるなか個性を認めない学校でトットちゃんはトットちゃんであり続けれるのでしょうか。
また明日の放送が楽しみです(^^)
第7、8回の「トットちゃん!」
takaちゃん 2017-10-11 20:22:33
こんばんは。今回の「トットちゃん!」で、大変化が‼ありました。
第7話から、いよいよ、朝さんの子供、トットちゃんが出産となりました。
守綱さんは男の子が産まれると思っていましたが、女の子でした。
「徹」から、「徹子」という名前になり、いろいろすったもんだがあったものの、
ここから黒柳徹子さんの物語が始まるわけですよ。
第8話で、徹子さん、早くも物語は小学生になります。さらに、男の子も一人、家族の一員となります。小学生の徹子さん、天真爛漫で、イタズラ好きでもあり、先生に厳しく叱られるわけですが、めげずに、成長していって欲しいですね。朝さん、かなり世話がやけるようですが、おてやわらかに。
家族で、肉料理をみんなで食べるシーン、いいですねぇ。
こんな展開となりましたが、子供が産まれた時の感動は、もう計り知れないものかもしれません。結婚しているからこそ、そして家族の一員となるだけに、愛情の証といっても過言ではありません。赤ちゃんの、健気で、笑っている時の顔を見ると、本当に微笑ましいものです。早く、家庭を持ちたいな、でも、そのためには相手が必要ですよね。天真爛漫な素顔が見られるトットちゃん、それでいいんですよ。のびのびと、ありのままで、いいんですよ。まあ、環境に慣れないかもしれませんが、頑張って‼と応援しますね。
明日の「トットちゃん!」どうなるのかな? 楽しみにします。
ページ:

>>show all