Nao Matsushita official website


名前を入力してください

題名を入力してください

内容を入力してください

鈴さんの異変と土曜スタジオパーク
きっちょう 2019-03-19 20:34:27
立花家にやって来た克子さんの悩み事は、鈴さんが「些細なこと」と切り捨てたばかりに、「萬平さんのせい」にまで発展してしまいました。(笑)「些細」とは言いませんが、「余裕のある悩み」とは思います。何と言っても、弟子は他人ですからね。名木さんが交際相手を師匠宅に連れてくるのは、仲人を頼む時ではないでしょうか。
それらの話を吹き飛ばしたのが、鈴さんの異変です。どうにも頼りない小山内医師の前に病室が写されましたが、個室ながら何とも殺風景でした。あれなら、戦前に咲さんの入院した摂津病院の方がいいくらいです。鈴さんの発言を何度となく受け流したこと、今井家ファミリーは反省していることでしょう。

先週の「土曜スタジオパーク」を見ました。脚本の福田さんと語りの芦田愛菜さんがゲストでした。芦田さんは香田家のシーンが好きで、「あ、来た来た」というように楽しみに待っていたそうです。そして、好きなシーン二つのうちの一つには「武士の娘の娘の娘」をあげていました。奈緒さんの役名テロップはここで出ました。福田さんからは「武士の娘の<孫>」では面白味が出ないからと思ったものの、鈴さんを茶化したかもしれませんと反省の弁もありました。
福田さんの好きなシーンの一つは、「秀子のダンス」でした。福田さんの唯一希望したキャスティングが壇蜜さんだったのです。「秀子、踊る」のセリフがあそこまで膨らむとは予想できなかったそうで、演出陣の頑張った発想も聞いてみたくなりました。奈緒さんたちは秀子さんの踊り・夢のマンボを見聞きせずに、あの呆気に取られる演技をしていたのでしょうか。
岡山コンサート
ユウスケ 2019-03-19 20:31:16
奈緒さん、岡山コンサートの感想が遅くなってゴメン。。

正直言って、コンサートの余韻に浸りつつ家に帰ってから、ベットで布団にくるまり号泣してしまった。

あまりにもタフで力強い奈緒さんの存在感と、改めて奈緒さんにとってピアノがどれほど大切な存在であるかを思い知らされたから。

そして奈緒さんの情熱に比べたら、果たして僕にはまだ生涯にわたって情熱を注ぎ込めるものに出会えていないのではないかと、不甲斐なさを感じてしまったから。

いい歳こいた男が、自分探し中の子供みたいなこと言って申し訳ない。。

そもそも情熱は、人と比べるという愚かな“相対”ではなく、自分のみに依って立つ“絶対”であるということも、重々理解していたつもりなのに。

全然修行が足りていない自分に気付かせてくれて、奈緒さんありがとう。

僕の祖母も、60代から俳句を本格的に始めてから、はや30年弱。。

いつからでも情熱は発揮できるという思いと共に、来年度4月から転勤予定の鹿児島への準備を着々と整えているユウスケです。
『まんぷく』感想
まーさん 2019-03-19 19:33:36
奈緒さん、お集まりの皆さん、こんばんわ&お疲れ様です。

今日の『まんぷく』、肉のフリーズドライも成功して、あとはエビだけとなりました。 そのエビも候補を神部さんが見つけてきて、蒸した感じではなんかよさげでしたね。 成功を祈りましょう。

心配なのはお母さんのことですよ(>_<) お母さんの腹痛といえば第1週の仮病ですが、克子さんが「悪ふざけやったら」と嘆くのは当然のことで、高齢ですからちょっとした病が命にかかわりますし、今みたいに画像診断なんてなかった時代のことですし、ましてやなんか頼りない医師だったし、ホント心配ですよ。

こんな時に咲さんが夢に出てきて「もし大丈夫やなかっても、こっちの世界も楽しいわよ」って、ちょっと冗談キツイですよね。 その前の「お母さんはきっと大丈夫よ」のセリフの方を信じましょう。

お母さんがお腹痛くなる前の名木クンが彼女を香田家に連れてきたシーンで笑ってなかったら、今日は辛い回になってたとこでした。 名木クン&香田家の皆さん、ありがとうですね。

それでは奈緒さん、またおじゃましますね(⌒0⌒)/~~
卵と肉と
満月ポンちゃん 2019-03-19 18:51:54
あとは海老ですね。今日の試作品でいけそうな感じでしたが、赤の海老は必須ですね〜。今日の克子さん、立花家のリビングで鈴さんと福ちゃんと羊羹を食べていました。話の最中で急に鈴さんが腹痛に襲われ大変な事になりました。鈴さん大丈夫かな〜咲姉ちゃん連れて行かないでね。
『まんぷく』感想
まーさん 2019-03-18 19:27:38
奈緒さん、お集まりの皆さん、こんばんわ&お疲れ様です。

今日の『まんぷく』、スクランブルエッグのフリーズドライに成功しました。 あとは肉とエビのフリーズドライに挑戦ですが、エビの方は苦労しそうですね。

肉の方は萬平さんが材料を家に持って帰って、台所で作ることになりましたが、萬平さんが「家でやった方が福子がいるからはかどる」と言ったので、福子さん満面の笑みでしたね。 長年連れ添った夫婦感いっぱいのシーンでした。

豚ミンチがベースで野菜のエキスを混ぜこんで作ったんですね。 初めて知りました。

克子さんとタカちゃんと大ちゃん、白薔薇で夕食ですか? 白薔薇のシーンを見てて、マスターと大ちゃん、きっと話が合うんとちゃうか?と思いました。 なんとなくですよ(笑)

マスター太っ腹でしたね。 オムライス3つを「ボクのおごりや~」って、2000円はしないでしょうけど、1500円するんじゃないんでしょうか? ママさん何もゆーてやなかったですけど。

マスターの「画伯」にきょとんとした克子さんの反応、なんでかクスッとなりました。

それでは奈緒さん、またおじゃましますね(⌒0⌒)/~~
泰然自若の克子さん
きっちょう 2019-03-18 18:17:15
久しぶりに(3放送日ぶりに)見る克子さん、再度のパーラー・シーンです。「画伯」に反応しないのが少々意外でしたが、忠彦さんが絵さえ描き続けていればそれでいいという恬淡とした心中の現れですね。大急百貨店で個展を開いても(大阪駅の広告上のことですが)、大学で後進の指導にあたっても、克子さんの態度はブレず、泰然自若としています。
ただ、きょうは忠彦さんをパーラーに連れてくるのがよかったのではないでしょうか。忠彦さんを名木さんの「人生相談」に付き合わせることはないでしょう。好きな女性ができたら、師匠に相談する前に、そのエネルギーやパッションで作品を描くものだはないでしょうか。あるドラマでは「師匠は芸のことは教えられても、恋路のことはアカンのです」と言わせていました。

まんぷくヌードルの開発にあたっては、プロジェクトXになぞらえる向きがあります。もちろん、プロジェクトXでは2002年にモデルの商品開発を取り上げています。しかし、ここは朝ドラ、当然に女性の視点が入ります。「仕事が捗る」と言われてニッコリ笑う福子さんがいるかと思えば、夕食を茂さんとともにできなくて悶々とするタカさんのような人もいることを描いているところに、物語の奥行きを感じます。

内田裕也さんの訃報を伝えるニュースで、"VILLEFRANCHE" が流れていました。内田さんと言えば、「特命指揮官 郷間彩香」の時に奈緒さんに「アメリカに行け!」とアドバイスしたことが思い出されます。最終的にはその期待に応えるにしても、日本を拠点にしてほしい気持ちがあります。
久しぶりの登場
満月ポンちゃん 2019-03-18 18:09:34
まんぷくもラストスパートに入りました。今日は久しぶりの克子さん登場でした。白薔薇でタカちゃん、大ちゃんとオムライスでした。こう言う時は大体旦那さんの愚痴大会ですね。まんぷくのセット公開が21日から始まるようです。期間が限られているので時間あるとき覗きに行きます。
ついてないです。
満月ポンちゃん 2019-03-17 20:48:17
奈緒さん、倉敷公演お疲れ様でした。倉敷の美観地区は風情があってとても素敵ですね。その昔、大原美術館や美観地区を散策したり何度か訪れたことがあります。先週の大阪公演から1週間経ちましたが、だいぶ前のことに思えます。大阪公演の前日、自転車でこけて足を捻挫し、今日は自動車がパンクしてしまいました。きをつけないといけませんね。
まんぷくもあと2週間です、残り少なくなってきました。毎日克子さんが見れますように!
グリーンブック
きっちょう 2019-03-17 19:44:48
幸いにも公開中に映画を観ることができました。公開してから3週目に入りましたが、4回上映されていて、助かりました。
タイトルは「黒人が利用可能な施設を記した旅行ガイドブック」のことで、1960年代のアメリカ南部では必需品でした。この本に載っているホテルと来たら、劇中の言葉では「モーテル」、わたしの印象では「木賃宿」です。はじめは白人の運転手(トニー・リップ)が黒人のピアニスト(ドクター・シャーリー)をそこで下ろしますが、後には一緒の部屋に泊まります。そこまでのプロセスは人種間の相互理解が進んだことを物語っています。

シャーリーが残したナンバーもしくはそれを編曲したものが次々と流れますが、クラシックを基調としつつ、ジャズの要素も入っているものです。ジャズにはつきもののピアノ・トリオの形態を取っていますが、相方の楽器がチェロとベースというところに独自性がありますね。あまりの拡張の高さに座り直し、ちょっと畏まりました。
それが一変するのは、舞台挨拶の時に奈緒さんが指摘した「最後のコンサート」です。バーのミュージシャンとの共演(もちろん即興です)では、ここまでの悩みや憂いを一気に振り払うもので、この映画いちばんの見どころでした。美術スタッフが手を加えなくてもよかった場所が数十年変わらずにあったことにも驚かされます。

カーネギーホールの上に、高級マンションがあることは全く思いも寄らないことでした。シャーリーは実際にもそこで長らく生活をしていたそうです。奈緒さんもそんな居住空間があったら、入居希望を出すのではないでしょうか。
岡山、お疲れ様でした。
T-ボーン 2019-03-17 19:21:53
昨日の岡山公演、お疲れ様でした。
楽synchro、しましたか?
ブログを拝見しまして、黄ニラが有名ということで、情報によると、かなりの高級食材のようで、一度でもいいから食べてみたいなと思いました。
次はどこかな?福岡ですか。博多ラーメンとか、太宰府を思い出します…。

「まんぷく」の感想を簡単に。
まんぷくヌードルの商品化に向けて、昨日放送ではいよいよ、フリーズドライ製法という技術を提案し、実行にこぎ着けました。次週では具が出来上がる?感じの展開になるのかなという期待が高まります。萬平さん、仕事を全力で取り組むあまり、人が変わったかのような厳しさが出ており、あまり社員に厳しすぎると社員さん、逃げていきますよーなどと感じながら見てます。まあ、今の自分の職場もそんな雰囲気ですがね。何とかやってます、ということで。

次回の福岡でも、楽synchroして下さい。
ページ:

>>show all