Nao Matsushita official website


名前を入力してください

題名を入力してください

内容を入力してください

こんな旅館がいい!
アル 2013-04-19 22:16:26
奈緒さん、老舗旅館は緊張するそうですね。
常連客の仲代大臣は悠々とくつろいでいました。さすが大人(たいじん)です。
といって、みんなが暴れん坊大臣になれるわけではないので・・・
鴨さんにはお客にかしこまらせない旅館にしてほしいです!
経営は立て直さないといけないし、何かと大変ですが、
稼働率が半分に満たないのは、行きにくいからじゃないでしょうか?
鴨女将への目安箱のつもりで書きました。
ドキドキしました
mura mura 2013-04-19 21:50:29
「原色美女図鑑」拝見しました。とてもステキで見ているうちにドキドキしてしまいました。これからも良い意味でファンを裏切ってくださいネ。いつの日か、綾瀬はるかさんのように「原色美女図鑑」をまとめた写真集を発売してほしいです。
もしツア
かしい 2013-04-19 20:00:38
もしツアSP、賞品は宿泊券です。スゴッ!

上羽やみたいな旅館に泊まれますよ!

東京から駆けつけた人たちをガッカリさせないように頑張ってね、奈緒さん!!

番組見た人は京都通になれるカモ!
今日は寒かったぁ~
大阪の小オバちゃん 2013-04-19 18:21:35
 いっぺんに冬に戻ったような1日でした。寒い1日でしたが、良いこともひとつ・・・今日の朝刊(毎日)で視聴率ランキング載ってました。1週間遅れですが・・ドラマ部門で、鴨、京都へ行く!(1話)が14.7%でした。関西は強いですよ~頑張れ~鴨ちゃん。
週刊ザ・テレビジョン
すずかけ 2013-04-19 18:09:19
春ドラマの現場を紹介する特集に、鴨京も出ていました。
先日のアゲるテレビで女将の部屋が紹介されましたが、それとは反対側(鏡台のある小部屋)から撮った写真があります。
仲代大臣とのシーンでは少々見にくかったのですが、戸棚の上と中には人形があって、雰囲気を醸し出しています。
正座してもピンと背筋を伸ばした奈緒さん、やはり女将の席に座るべき人だと思いました。
それから、お部屋紹介の時に「天井がある!照明・撮影がしにくいカモ!」と思ったのですが、これは永山監督の発案なのですね。

部屋の天井をつけるなど、本物に見せることを第一にしていることは、お料理にも現れています。
懐石料理も養殖ではなく、天然モノを使用しているそうで、それなら食材費は1,000万円で済まないカモと心配になってきます。
一方で、枕などのある備品庫の電灯は、半分切れかかっていました。
お客様の目の届かないところはケチってもよい、という発想がうかがわれて、ますますリアルだと思いました。

ドラマのスチール写真が何枚かありますが、峰岸さんとの写真には心が和みます。
第1話では廊下の生花の話をしていましたが、お花は中庭にもありますね。こちらの手入れも大変そうです。
つら~い修行というコピーの下で、奈緒さんは笑っています。笑わせてくれるスタッフが多いのでしょうね。
週末、楽しみ
つくし 2013-04-19 12:15:39
明日、にじいろジーンにご出演なんですね。
土曜の朝は8チャンネルをずっと見ています。なので、すごく楽しみです
奈緒さんをちゃんと見たくて、今日のうちに洗濯やお風呂掃除、済ませておきました。

ラジオも聞いてます。ラジオは家事の合間によく聞きます。
私の生まれる前の曲でいいですか? いいですよ!
時を越えて聞かれる曲、どんどん紹介して下さい、奈緒さんのコメント入りでね!
にじいろ
みえないけどおる 2013-04-19 11:42:03
1つ追加されていました。面白いね。、
20日(土)8:30 にじいろジーン
虹色といえば、セブンカラーズという曲を奈緒さんライブで歌ってくれましたねー、アップテンポの素敵な曲で奈緒さんのきれいな歌声が今でも聴こえてきますヨ。
あと、「オズの魔法使い」のテーマといえば、オーバー・ザ・レインボーですかね~♪
いろいろ連想がふくらみますね~。
楽しみにしましょう♪
撮影情報も満載!
さかえ 2013-04-19 08:20:41
ドラマの撮影の情報、スタッフブログやツイなびでゲットしています。第5週の撮影をしているそうで、大変ながらも快調ですね。そんな中、笹野さんからポップコーンの差し入れがあったそうですが、奈緒さんは食べられましたか?笹野さん、近江八幡のバームクーヘンの次は、東京で行列に並んだのですね、お疲れ様です。ブログでは「守り神」「妖精」と絶賛されています。それから、ツイッターにはウエーバー伯爵のことが書いてありました。そういうコンセプトだったんだあと思いつつも、現場のアイドルになっていて何よりです。この伯爵に扮する男衆は御厨響一さんですね。チェストでは転校生の智明くんでした、久しぶりに見て大きくなったなあと思いました。第3話の予告でも鴨さんに何やら渡していますが、話の変わり目って感じがしましたよ。
秋月に行きました
すずかけ 2013-04-19 07:26:25
先週、九州を訪れたのは来年の大河ドラマを見越してのことで、黒田藩ゆかりの地などを巡りました。
朝倉市秋月地区には黒田氏の支藩(5万石)が置かれましたが、ここは「遺恨あり」の舞台となったところです。
江戸時代の街並みがかなり原型をとどめて残されており、「筑後の小京都」と呼ばれています。
ドラマのロケは京都とその近辺で行われたので、秋月には奈緒さんの名代になった気分で訪れました。

地区の資料館には、事件の発端となった干城隊事件と、これに対する最後の仇討に関する資料が展示してありました。
仇討ちを決行した臼井六郎の写真がありました。面長の人ですが、髪型などの雰囲気は藤原竜也さんとよく似ていました。
また事件から裁判までの顛末を記した読み物のイラストには、裁判の様子を外からうかがう若くて背丈の高い女性が描かれており、なかのヒントになったように思いました。奈緒さんが演じたなかの人物像は、こうした資料からも膨らまされたのでしょう。

併設の武家屋敷の座敷の壁には番組の大判ポスターが貼られており、しばしの間、奈緒さんに見入りました。きれいに髪が結い上げられていました。このような屋敷(臼井家と同格の家柄)で、なかは甲斐甲斐しくかいがいしく働いていたのですね。
さらに驚いたことに、館内のBGMでジョン・レノンの”Love”が流れていました。原曲に近いピアノとギターのインストでした。しかも何曲かをローテーションで流しているらしく、資料館を出るころに2度目の演奏が聞けるオマケがついていました。
心から・・
理想の女性が奈緒さん! 2013-04-19 00:32:18
初めて奈緒さんを見たときから心を動かされました。無邪気な笑顔と純粋な心を感じてこんな素敵な女性って他には絶対いないと思ったのが奈緒さんを応援しているきっかけです。 テレビに出てる奈緒さんが困っているところを見ると助けてあげられたらなぁっていつも思ってます。 笑顔は素敵ですが無理はしないでありのままの奈緒さんでこれからも芸能活動がんばってほしいです。 そしてファンの皆さんと共に奈緒さんを支えていきたいです。 奈緒さんを悪く言う人とかいると許せなくて反抗的なコメントとかしてしまうのですがこんなことでは悪く言う人も大して減らないと思うのでそんな人たちも改心するくらいの奈緒さんの素晴らしさをこれからテレビで伝えていってほしいと思います。 これからも応援してます。いつかお寿司握って一緒におつまみにして飲みたいですね(笑) 
ページ:

>>show all